気になるTV

きばるんの仕事や家は大阪?Wiki風プロフィールを調査!!

きばるんさんは、在日20年以上の韓国YouTuberです。

韓国グッズやコスメ、韓国と日本のカルチャーの違いなどを公開していて、登録者数も14.4万人のものすごい数のファンをお持ちです。

話し方もノリのいい面白い雰囲気で話に吸い込まれました。

10分くらいの動画でしたが、あっという間に終わってしまって、お喋り方上手な方ですよね!

それもそのはずで、某動画配信アプリで動画配信もしていた過去もあるみたいで、その時から人気も絶大でした!

そんなきばるんさんについて、もう少し詳しく紐解いていきましょう。

スポンサードリンク

きばるんYouTubeが人気急上昇!!

先程もご紹介しましたが、きばるんさんのYouTube登録者数は14.4万人です。

 

YouTubeの履歴を見ると、1年前が初投稿の日でしたが、そこから1年で14万人ってホントすごいですよね。

 

5か月前には5万人突破で、今日までで約10万人も伸びています。

 

キバルンさんはキャラがとにかく立っています!それがこんなにもファンを作れる要因なのかなとも思いました。

キャラ作りってすごく大切で、勉強になりますよ!

 

きばるんさんの挨拶も特徴的で、2回パンパンと叩いて、「幸あれーーー」と初めに叫んでいます。

このフレーズもコメント欄で流行っていて、人気の要因です。

 

きばるんさんは、元々、動画配信もされていた方なので、そこで作られたファンがたくさんいらっしゃって引き続きYouTubeも見ていただけているのかなと勝手ながら感じています。

 

また、YouTubeの内容も、韓国の話題をピックアップしていて、女性や、韓国好きの男性の視聴者がたくさんいるのでしょうね。

あるあるネタなど共感できるものばかりで、思わず笑ってしまいました。

 

きばるんさんが国籍が韓国の方で20年以上も日本に住んでいることもあり、韓国と日本のあるある動画などきばるんさんにしかできないことをしています。

 

これからも、もっともっと伸びていくに違いないですね。

きばるんの仕事は何??!

きばるんさんは、YouTube以外では、会社員として働いています。

ただ、職業についてはどんなお仕事をされているのか明かされていません。

オープンな性格なので公表しているのかなと思いましたが、意外とそうじゃないみたいですね。

 

僕の予想ですが、お顔立ちも綺麗ですし、喋りも面白く達者な感じなので営業職のお仕事とか向いてるだろうなと思います。

それか、日本語も韓国語も話せるので、日本人と韓国人を繋ぐような通訳みたいなお仕事もすごく向いているだろうなと思います。

 

とにかく人と関わるお仕事が絶対に向いているだろうなと動画を見て感じました。

人柄もよさそうですし、絶対向いてますよね。

スポンサードリンク

きばるんの家は大阪?

きばるんさんの家は、東京の新大久保にあるそうです。

少し、きばるんさんの生い立ちについてお話していきます。

 

お父さん、お母さんは韓国人ですが、札幌市が出身地です。

大学の情報は出ていませんが、高校まで札幌で過ごされていたそうで清田高校に通っていたそうです。

 

ただ、きばるんさんは現在東京の新大久保を拠点にしているので、もしかすると大学から東京に来ていたのかもしれません。

そういう感じの方が自然な経歴かなと思います。

きばるんwiki風プロフィ―ルを調べてみた!

名前:きばるん

韓国名:チャン〇〇

日本名:牙山〇〇

生年月日:1996年7月19日

血液型:B型

身長:175㎝

出身地:北海道札幌市

出身高校:清田高校

職業:会社員・YouTuber

学歴:大卒

似ている芸能人:ヨジング 

YouTubeの投稿内容:韓国の映画、ドラマの紹介だけでなく文化的な情報を幅広く発信されています。

動画配信のきっかけ:高校時代に始めたVINEという動画投稿のアプリ

 

YouTubeで10万人チャンネル登録がいるということは、YouTubeが大きなメディアとして存在感を示している現在にとってとても知名度があるということですね。

若くしてこんなにも沢山のファンの方がいるというのはとってもすごいこと。

高校時代に、アプリを使って自分を発信して成功を掴んでいるのが、とてもカッコイイなと思いました。

きばるんの仕事や家は大阪?Wiki風プロフィールを調査!!まとめ

今回、きばるんさんについてお話させていただきました。

 

YouTubeのチャンネルでも気さくに話をしていて、話も面白いし、独特な喋り方で見飽きることがないです。

 

一番面白いなと思った動画ですが、「日本と韓国のカルチャーショックあるある」というタイトルの動画を拝見したときに、韓国ではそんな感じなんだ!とおもうことがたくさんありました。

 

韓国に旅行に行った方とかにも伝わりやすいようなラインのあるあるネタで、僕自身もついつい微笑んでしまいました。

是非皆さんもチェックしてみてくださいね♬

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-気になるTV

Copyright© Simple coordinate Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.